ストレスと勃起不全

心因的要因やストレスと勃起不全

心因的要因によるEDや勃起不全で多くの方が悩んでいるのも事実です。
ストレスや精神的な問題やプレッシャーで勃起が上手くできなくなることを
心因性EDもしくは勃起不全と言います。
ED、勃起不全の原因には加齢、老化によるものが多いですが
糖尿病など病気によるものもあり一概にはこれが原因と言えないのです。
そんなED、勃起不全の原因に心因的要因というのも
原因としては多いです。
心因的要因の場合は加齢、老化が原因のように年齢に比例して
患者が増えるのと違い、心因性の場合には年齢とはそれほど関係なく
若い人にも多く見られます。。
心因的要因=精神的な問題と簡単に言ってもその原因は様々で
複雑な場合が多いのです。
仕事や人間関係がなかなかうまく行かずに
ストレスを感じたり、何気ない日常にいつもストレスを感じていたり、
そんなちょっとした事が原因で不眠症になたり、
日頃の積み重なったストレスからうつ病っぽくなったり

精神的に不安定になったりすると
性的な興奮が抑えられてしまって勃起できないもしくは
勃起までに時間を要するようになります。
よく見られるのが人間関係が苦手な人。
特に女性との関係性を上手く出来ない人にED、
勃起不全がが多く見られる傾向があります。
自分に自信が無かったり女性の前へ出ると緊張する。
または焦ってしまう。など精神的にコントロールできずに不安定な状態となり性的不能に陥ってしまうようです。
その他、過去の性的な失敗、例えば女性に降られた。
性交の際、上手く挿入できなかった。SEXが上手く出来ず馬鹿にされたり、失敗した経験が強く残りいざセックスに臨もうとすると勃起しなくなってしまうという人も多くトラウマとなりED、勃起不全の大きな要因となっているようです。
極端な例では子供時代に性的虐待を受けセックスに対して強い嫌悪感を感じているという場合も勃起しないという人もいるようです。